子どもたちの笑顔を取り戻す為に…

次に訪問させて頂いたのが「ハートandアート空間・ビーアイ」。代表の関口怜子先生にお会いしてお話を伺いました。関口先生は抽象画家の他、県内で数々のワークショップを手掛け、芸術・文化の多方面でご活躍されています。

「ハートandアート空間・ビーアイ」では震災直後から被災した母子に対して、週1ワークショップを開催し、絵やものつくり等、様々な活動で被災母子の支援を行っています。

 

関口先生は、子どもたちを支援するのは決してお金だけではない。おいしい物を食べる・楽しい事をする・素敵な物を見る・新しい事をする等も、子どもたちにとっては、とても重要な心と体のケアだという事でした。

 

FKJの活動にも深いご理解を頂き、FKJとしての具体的な支援・協力内容などを詰めさせて頂きました。

 

通称「ぞうかば先生」ゾウの様に大きな耳で子どもたちの声を聞き、カバの様に何時も明るい先生です
通称「ぞうかば先生」ゾウの様に大きな耳で子どもたちの声を聞き、カバの様に何時も明るい先生です
震災母子の為に週1回ワークショップを開催
震災母子の為に週1回ワークショップを開催

関口先生の著書「言葉の力」
関口先生の著書「言葉の力」