東北震災被災地復興支援視察レポート その2

東日本大震災からもう直ぐ2年が経ちますが、テレビで見る映像ではなく、この目で見て感じた事は、まだまだ復興には遠いと思いました。
沿岸地域では更地が続き、集められた瓦礫の山はアチコチに積み上げられ、遺族の方達の計り知れない深い悲しみが伝わって来ます。
写真の閖上(ゆりあげ)の記憶では、ボランティアの方が震災の当日から時系列で流れる画像を説明してくれました。
聞くのも辛いですが、話す方はもっと辛いと思います。しかし、気丈にも色々と話してくれました。
今回の視察ツアーで聞いた事、見た事を一人でも多くの方に伝えて、復興・支援に繋げて行ければと思います。
一人で出来る事は少ないですが、皆と力を合わせれば、きっと明るい未来が待っていると信じます。

佐藤典朗