第7回現地会議in岩手 開催

79日、岩手県遠野市において東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)「第7回現地会議in岩手」が開催され多くの地域住民、行政機関、各支援団体の方々が出席されました。

今回の会議内容「今を伝え、これからを考える」では、初めに「被災地の今」について陸前高田被災地語り部の方からお話を頂き、多くの方に被災地に足を運んでいただく事が、地域の活性化につながっていくというお話がありました。

また、支援団体の方からは被災地の現状と今後の復興への展望が示されました。

その後、「支援の今」「岩手でできること」をテーマに各支援団体の代表者から現状の問題点、課題が挙げられ、それをどの様にクリアーし活用できるのか報告がありましたが、その中に今までの会議や報告を通じて感じられるのは復興への道は自立だというお話があり、生活の復興、経済の復興、まちの復興というものに取り組んでいくことが求められる旨の総括で今回の現地会議は閉会となりました。

 

FKJも震災後、被災地の新卒者の雇用や就職先の紹介、街の復興のお手伝いをさせて頂いてきましたが、これからも現地の情報を基に出来る限りの支援を続けて行きたいと思います。