東日本大震災支援プロジェクト

 平成28年FKJの支援活動も東日本大震災による遺児・孤児の支援からスタートさせて頂きました。

支援後、宮城県仙台市の復興住宅及び荒浜地区と閖上地区に入り復興の様子を確認しました。

荒浜地区では荒浜海岸は今年、震災後初めて海水浴も開かれるよう準備が進み、荒浜小学校校舎は震災遺構として保存すると共に非常時の地域の避難場所となっております。

閖上地区では閖上中学校の解体作業が進められ、6mの土上げ作業も進んでおりました。

また、JAIFAにより地域の幼児・児童・青少年の震災復興のコミュニティハウスも建てられています。

当日は大崎八幡宮の松焚祭もあり、震災チャリティー出店店舗への募金の後、松焚祭にて被災地の復興を願うと共に、FKJ会員の皆様の無病息災・家内安全を祈念致しました。

FKJは今年もできる限り被災地を訪れ、FKJ会員の協力のもと、子供たちの支援を続けさせて頂きたいと思います。